無料メルマガ登録でツールプレゼント中!

ブログ記事の質と量はどちらが大切なのか?の答えが「量」である理由

Google Adsense (アドセンス)

ブログやメルマガで質問を受け付けていると、よくこんな質問を年中季節関係なしに貰います。

「ブログ記事の質と量、どちらが大切なんですか?」
「高品質の記事を少しずつ投稿するのと、低品質の記事を大量に投稿するのとではどちらがいいですか?」

僕自身、副業を始めた時期や、稼げていない時期には同じようなことで悩んでいた記憶があります。

こんな低品質な記事を量産していても稼げないのではないか?とか
かといって高品質な記事を積み上げていくのは難しいんじゃないのか?とか。

そもそも高品質な記事って何だよ?とか(笑)

ただ、ある程度 GoogleAdsense で結果を出せるようになった今では、この問いに対して
自分なりの1つの回答を出すことができます。



今回はそれについて書いていこうと思います。

まずは量を優先して取り組むべし

結論から先に言ってしまうと、僕は
「量をこなすことが最優先事項」
であると考えています。

ブログアフィリエイトであれば、ブログ記事をまず増やしていくことが最優先ですし、
サイトアフィリエイトであれば、サイト記事やサイトを増やしていくことが最優先ですし、
アドセンスブログであれば、アドセンス広告を張り付けたブログ記事数を増やしていくことが
最優先事項
だということです。

記事数やサイト数、ブログ数を増やすことが最優先なわけですから、
実際に投稿される記事の品質やブログやサイトの外観などには、
あまり力を割かないでよいと思っています。

(もちろん、品質が高いことや、サイトの外観がきれいであることに越したことはありませんが、
最初のうちはそれを最優先にすべきではないということです。念のため。)

月に数千円程度の利益をブログやサイトから上げられるようになるまでは、
ひたすら記事を投稿し、ブログやサイトを太らせていきましょう。

量を優先させるべき理由

「質」より「量」を優先させるべきだと言う理由はいくつかありますが、
大きなものとしては以下があります。

  • 今現在稼げている人はほぼ例外なく量産を経験している
  • そもそも初心者が高品質な記事を作成することは困難
  • 量を追求する過程で質が磨かれる

今現在稼げている人はほぼ例外なく量産を経験している

Twitter で見かける稼ぎまくっているアフィリエイターやブロガーの方は、
一部の天才的な人を除き、皆圧倒的な作業量をこなしています。

一度、このアフィリエイターさん(ブロガーさん)、結構気になるなー
という方の経歴を探ってみてください。

一定期間、または継続して、かなりの作業量をこなしていることが分かると思います。



本業で9時間働いた後、家に帰ってからブログやサイトの記事を
3記事書き続ける生活を1年以上続けました・・・という方や、
3人の小さなお子さんを抱えて専業主婦をする傍ら、毎日ブログ記事で
アドセンスを継続しました・・・ なんていう方まで、
とにかく現在で月に10万円以上稼げている人は、数をこなしています。



僕が参考にしているアフィリエイター兼企業家のだいぽんさんは、
ネットビジネスを開始した初期の頃、PPCアフィリエイトに没頭して
広告用のサイトや広告文を作りまくっていたそうです。

その結果、今では広告とステップメールを組み合わせた自動化システムで、
年収ウン千万まで到達されているのですから凄いですよね。

そもそも初心者が高品質な記事を作成することは困難

例えば会社員として働いている場合にもありうることですが、
新入社員として入社したばかりの頃は、右も左もわからない状態で、
正直仕事なんて何も出来やしません。

書類整理やメール送信などの基本的な作業だってまともに出来はしないでしょう。

そんな状態で仕事に「質」を求められたって、
経験者のようにミスなく正しく作業を進めていくことなんてめちゃくちゃ難しいですよね。

自分が精いっぱい力を注いで作成した資料には、上司の指摘がドッサリ入るでしょうし、
渾身の出来だと思った成果物が全くの見当違いのものだったなんてことも往々にしてあり得ます。
無知によるミスも少なからずあるでしょう。



ブログ初心者やアフィリエイト初心者は、まさにこの新入社員のような状態にあるわけです。
ミスなく正しく作業をしようという心意気は大切ですが、
その結果出来上がるものなんて高が知れていますし、
結局後から見直した時には、赤面するような出来のはずです。
(僕自身、後から見直した時に赤面するような記事を量産しまくっていますし・・・^^;)

それなのに、品質にこだわりまくって動けなくなるのでは、
成長もなにもあったものではありません。

品質を求めて1年間で10記事をゆーっくり書いた人と、
とにかく数をこなすために1,000記事書きまくった人、
どちらの記事作成能力が向上しているかなんてのは、比較するまでもないことでしょう。



そうではなく、まずは品質そこそこで良いから、何かしらの形にして
世の中へ自分の作品を送り出すこと。
その結果、世の中から自分の作品に対しての反応を貰うことが重要
です。



大量にアウトプットをし、現時点の自分が出せるものを成果物として残していき、
ある程度たまってきたところで世間からのフィードバックを貰い、
結果を分析して次回の指針を立てる。

これを繰り返すことで、初めて作業の品質を高めていくことができます。

量を追求する過程で質が磨かれる

上述したように、繰り返し量をこなして結果を分析し、
次の行動へ反省を生かす、俗に言う PDCA サイクルを回すということによって
作業品質は向上していきます。

毎日繰り返し同じ作業、似た作業を継続していくうちに、
その作業に慣れ、その作業の本質を理解するようになってきます。



新入社員の例でいえば、雑務を繰り返すことで
作業スピードが上がることはもちろん、自分の中に蓄積された経験や知識をもとに、
だんだんと作業を効率化できたり、工夫できたりしてきます。

その結果、だんだんと高品質かつミスの少ない仕事ができるようになってくるわけです。

ブログやアフィリエイトに置き換えれば、1日に1記事しか作成できなかったのが
2記事作成できるようになったり、記事作成時にキーワードを意識した構成を
とることができたり、記事のターゲットを意識する余裕が出てきたり、といったところです。

結果、これが記事の「品質」を上げることに繋がっていきます。
というか、この段階まで来ないと、記事の品質を上げることは難しいです。



全力で記事を書き、それを繰り返し続けること。
繰り返した結果、記事を書くことに慣れ、心に余裕ができて視野が広がること。

それによって、1記事毎の品質は上がっていきます。

量が質につながった僕自身の経験

記事の量産が、結果的に報酬アップにつながった僕自身の経験をご紹介します。
(記事の品質が上がったというより、効率よく報酬を上げられるようになった経験です)



僕は今、アドセンスでそれなりに稼げてはいますが、以前はアフィリエイトも実践していました。
僕が昔やっていたのは無料ブログ量産アフィリエイトと呼ばれるもので、文字通り無料のブログサービスで
200文字程度の短い記事をバンバン投稿して、楽天やAmazonアフィリエイトを張り付けて稼ぐというノウハウでした。

今では、200文字程度の無料ブログの記事は Google からの高評価を得にくい関係上、
このノウハウだけで稼ぎ続けることは難しいですが、僕が実践していた当時では、
対して品質が高くない無料ブログと記事を量産するだけでも、月に数万円稼ぐことは難しくありませんでした。

月に10万円以上稼いでいるツワモノもいたくらいです。



この無料ブログ量産アフィリエイトの本質的な部分、肝となる部分は、
『とにかく色々な商品について記事を書きまくり、その中からアクセスが来た(ヒットした)
商品・記事に対して集中して力を注いでいく』
ということです。

「無料ブログ量産アフィリエイト」という字面だけを見れば、
ただただ闇雲に短いブログ記事を量産しているだけのように見えますが、違います。
ただ闇雲に何も考えずにブログ記事を量産しているだけでは、
すぐに収入は2,3万円程度で頭打ちになってしまいます。

このノウハウで稼ぐ際に重要なことは、
自分がイケると思った商品は片っ端から記事を作成し、紹介する (= まずは数を重ねまくる)。
その中からヒットしたものを抽出し、さらにその商品について記事を書いていく (=売れる記事、品質の高い記事を増やしていく) を繰り返すことです。



これを継続するとどうなるかというと、
ヒットした商品に関する記事やブログが大量にでき上がり、そこから収益が発生し続けます。

それと同時に、ヒットする商品を見つける「眼」が養われ、
紹介する商品がことごとくヒットするようになってきます。

ここまでくると、まさに作業の精度や品質が上がっている状態と言えますよね。

結果、紹介する商品の数、作成する記事の数が少なくなったとしても、
その少ない記事からヒット記事がバンバン出てくるようになり、
大量に商品が売れる状態になるため、収益は右肩上がりになっていきます。



もしこれが、1個目、2個目の商品からヒットを狙って
じっくりゆっくりと高品質な記事を目指して書いていた場合、
運よくその記事がヒットした場合は収益が上がりますが、
ヒットしなかったときのガッカリ感は相当なものになりますし、
最悪、心が折れてしまう原因にもなりかねません。

あと残るものとしては、数個のヒットしなかった商品記事・ブログのみですので、
どうあがいたって収益なんか上がりっこないですよね。



まずは数をこなすべく作業し続け、続ける中でも反省や改良を繰り返し、
だんだんと品質の高い成果物を積み上げていく・・・ ということが
収益を上げるための近道なのです。

最後に

長々と書きましたが、言いたいことというのは結局、
『サイト記事やブログ記事の量や質でウンウンと悩んでいる暇があるのでしたら、
その間に少しでも手を動かして記事を形にした方が 100 倍は結果が出ますよ。』
ということです。

一旦公開した記事は、後から何百回でも何千回でも好きなタイミングでリライトできるわけですし、
記事を上手くリライトすることで、結果的にサイトやブログの Google からの評価が上がることだって
少なからずあることですからね。

手を動かさないことには記事1つできやしませんので、悩んで動けなくなるくらいなら
頭を空っぽにして記事作成しましょう。
(僕自身、たまに悩んで動けなくなることがあるので、これは自戒も込めています(笑))



ではでは。

コメント