無料メルマガ登録でツールプレゼント中!

【Python】Twitter API でツイートを投稿するサンプルコード | 備忘録

スポンサーリンク

個人的に作成していた WordPress 投稿記事を Twitter へ自動投稿するツールが完成しました。
その際に使用した細々とした技術を備忘録として記録しておきます。

サンプルコードも載せておきますので、良かったら参考にしてみてください。
使用言語は Python 3 です。

スポンサーリンク

Twitter API を使用する事前準備

Twitter API を使用するための準備を行います。
(Python はインストール済みであることを前提とします)

APIキーとアクセストークンの発行

Twitter API を使用するためには、APIキーとアクセストークンの発行が必要です。
まだ発行していない場合は、以下の記事を参考にしてこれらを発行してください。

発行は1時間程度で終わります。

【2020年4月版】Twitter API キー / アクセストークンの取得方法 | 備忘録
副業の一環として、Twitter 運用の一部をプログラミングで自動化したいなーと思い、 Twitter API について調べてみました。

requests_oauthlib モジュールのインストール

以下で紹介するサンプルコードを実行するにあたり、
requests_oauthlib モジュールが必要ですので、以下コマンドでインストールしておきます。

インストール時の実行ログ

スポンサーリンク

Twitter API でツイート投稿するサンプルコード

以下、Twitter へツイート投稿するサンプルコードです。

ハッシュタグや URL をツイートに含ませたい場合は、
ツイート文章内にそのまま記載してやればOKです。

その他、コマンドの詳細については、以下のドキュメントを確認してください。
Twitter 開発者 ドキュメント日本語訳 POST statuses/update

ツイート投稿のレスポンス一覧

上記コードでツイートした際、返却されるレスポンスの例を以下に記載します。
サンプルコード内でも実施していますが、json 形式で受け取ることで、
レスポンスから情報を引き抜くことができます。

たとえば、”created_at” の値が欲しい場合は、”data[“created_at”] と記載すれば OK です。

以上、参考にしてみてください^^

コメント