無料メルマガ登録でツールプレゼント中!

【Python】Twitter API で任意のユーザをフォローするサンプルコード

スポンサーリンク

Twitter 上でこちらのことをフォローしてくれた方を
自動的にフォロー返しするツールを作成することがありました。

Twitter API を用いて実装したため、特に難しいことはなかったのですが、
一応備忘録に残しておきます。

サンプルコードも載せておきますので、良かったら参考にしてみてください。
環境は Windows10、Python3 です。

スポンサーリンク

Twitter API を使用する事前準備

Twitter API を使用するための準備を行います。
(Python はインストール済みであることを前提とします)

APIキーとアクセストークンの発行

Twitter API を使用するためには、APIキーとアクセストークンの発行が必要です。
まだ発行していない場合は、以下の記事を参考にしてこれらを発行してください。

発行は1時間程度で終わります。

【2020年4月版】Twitter API キー / アクセストークンの取得方法 | 備忘録
副業の一環として、Twitter 運用の一部をプログラミングで自動化したいなーと思い、 Twitter API について調べてみました。

requests_oauthlib モジュールのインストール

以下で紹介するサンプルコードを実行するにあたり、
requests_oauthlib モジュールが必要ですので、以下コマンドでインストールしておきます。

インストール時の実行ログ

Twitter API で特定のユーザーをフォローするサンプルコード

以下、Twitter 上で特定のユーザーをフォローするサンプルコードです。
引数として、フォローしたい相手のユーザーIDを指定しています。

また、事前準備で取得した 4 つのキーもそれぞれ渡しています。

コマンドの詳細については、以下のドキュメントを確認してください。
Twitter 開発者 ドキュメント日本語訳 POST friendships/create

上記のドキュメントに記載がありますが、
指定するのはユーザーIDではなく、フォロー対象ユーザーのユーザー名でもOKです。

その場合、上記サンプルコードで user_id を渡しているところで、
代わりに screen_name (String) で渡してやればよいです。

ツイート投稿のレスポンス一覧

上記コードでユーザーフォローした際、返却されるレスポンスの例を以下に記載します。
※個人を特定できそうな個所は伏字に置換しています。

サンプルコード内でも実施していますが、json 形式で受け取ることで、
レスポンスから情報を引き抜くことができます。

たとえば、フォロー相手のフォロワー数を取得したい場合は、data[“followers_count”] 、
フォロワー相手がフォローしている数を取得したい場合は、data[“friends_count”] と
それぞれ記載すれば OK です。

1つ気になる箇所としては、
“following” の項目は、こちらが相手をフォローしている場合は “true” になりますが、
上記サンプルコードでフォローした際に返されるレスポンスでは、”false” になっていました。

フォローした相手の情報を正常に取得する場合は、以下ページで紹介している
サンプルコードを参考に、フォロワーの状態情報を取得したするのが良いと思います。
(Twitter API の前準備の部分はスキップしてください)

【Python】Twitter API で任意のユーザのフォロワー情報を取得するサンプルコード
Twitter で『フォロワーの中から相互フォロー状態になっていない人を 自動抽出してフォローするツール』を作成すべく、 フォロワーの情報を一括取得するコードを Python 3 で書いてみました。

以上、参考になれば幸いです^^

コメント